『 紙漉き + 描画 = 作品 』

自分で紙を作り、その紙に絵を描いてます。 手漉きで作る紙は、とても自由で決まりがありません。伝統的な紙漉きの製法が全てではなく、どのように漉こうが結果的に乾けば必ず紙になるし、こんな紙を作りたいと思っても思い通りにいかないのも、また紙づくりです。だからこそ色々な紙の表現が生まれるし、紙づくりの魅力と難しさを感じています。 描画だけで表現するのではなく、紙ならではの表現や独特な雰囲気を絵に取り入れて制作しています。作品を通して、紙づくりの面白さや魅力を感じてもらえたらと思っています。